スノーボード好き30代サラリーマンの駄文

冬はスノーボード、夏はそれ以外の情報あれこれ

GALA湯沢のスノーハック(お役立ち情報)

GALA湯沢のちょっとした役に立つ情報のご紹介。

 

①土日は始発新幹線でリフト開始前に間に合う

東京駅発 6:24

に乗れば

ガーラ湯沢着 7:41

なので、急いで着替えれればゴンドラ開始8時に間に合うのです。

ファーストトラック狙いのために車でスキー場行くこともあると思いますが、ガーラ湯沢ならば新幹線でも間に合うのです

 

②6号車がガーラ湯沢の階段に近い

ガーラ湯沢のポイントは新幹線下りて、いかに早く受付へ並ぶこと

外国の受付の方も多く、並ぶと30分以上ロスします。

6号車が階段付近であり、電車下りてダッシュします

その際に、エスカレーターは使わず階段ダッシュがおすすめです。

ここを頑張るか頑張らないかで相当時間が変わります。

 

③レストランチアーズは2Fが空いている

ゴンドラから上がったとろこにあるチアーズは混んでいます。

お昼時になると全然空いていないです。

ただ、なぜか2Fが空いていることが多いです。

(知らない人が多い?)

混んでいる場合は2Fに行くことをおすすめします。

 

④リフトはソーシャブルのほうがパルーシュより早い

メインのエンターテイメントを滑るならどちらのリフトを使用してもよいです。

ですが、パルーシュは徒歩の観光客も乗車できます。

そして、乗車するときはスピードが落ちます。

観光客が多いと基本遅いです。

北エリアに行くとき以外は、ソーシャブルをおすすめします。

 

⑤ロッカー券は受付でも買える

ロッカー券は受付でも買えます。

ロッカーの発見機でも待つことがあるので、受付で購入したほう数分早いです。

ファーストトラック狙いのガチ勢のみの参考情報ですが。。

 

⑥北エリアと南エリアは空いている

GALA湯沢は混んでいると言う方が結構います。

しかし、北エリアと南エリアは基本空いています。

初心者が多く移動がめんどからなのかと思っています。

朝一は中央エリア、そして北⇒南と移動すればストレスフリーで滑れます。

 

⑦パウダー競争率が低い

パウダージャンキーはかぐらに行き、初心者が多いスキー場なのでパウダー残存率が高いです。

端パウが結構残っています。

ゴンドラで上がる系スキー場なので、標高が高く雪質も良いです。

特に、降雪時の南エリアはパウダーを満喫できます。

 

以上、GALAのプチお役立ち情報でした。