スノーボード好き30代サラリーマンの駄文

冬はスノーボード、夏はそれ以外の情報あれこれ

【フルマラソン】キロ何分感覚の重要さについて

ランニングを趣味レベルがわかるのは

どれくらいのスピードで走るの?

聞かれたときの答え方でわかります。

 

時速10キロと答える人はランニング趣味レベルはそんなに高くないでしょう。

キロ6分と答える人はランニング趣味レベルが高いでしょう。

なぜなら、フルマラソンを走る上ではキロ何分の感覚が非常に重要だからです。

 

フルマラソンで大事なのはペース感覚。

大会だとテンション上がるかつ周りに惑わされて、ハイペースになってしまいます。

そして、そのときの体調や気温や地形に合わせたペースが大事です。

 

ペース感覚はどのように身に付けるかというと

1キロの周回コース、またはフラットな1キロあたりの距離表示があるコースで、ひたすら感覚を身に付ける特訓をすることです。

 

フルを五時間くらいで走る、完走目標ランナーの私の場合は

7分半、7分、6分半、6分のペースを

体に覚えこませています。

方法は単純で7分で走ると言い聞かせて、1キロ走って答え合わせです。

どうしても感覚掴めないときは、100m毎に確認します。

キロ7分だと、42秒です。

 

感覚を身に付けると、大会本番でペース配分をミスることはないです。

 

そして、ペース感覚を身に付けることは練習にも効果ありす。

キロ何分で走ると自分の体がどう反応するか分析することで、練習方法と本番の目標ペースを考えることができます。

 

フルマラソンは完走ならキロ8分弱で行けます。

なので、練習もキロ7分30秒から8分でひたすら長く、長時間走るという練習をすればよいのです。

 

ペット感覚を掴むことが、初心者ランナーにとっては大事であり、まず始めに取り組むことなのかなと思います。