スノーボード好き30代サラリーマンの駄文

冬はスノーボード、夏はそれ以外の情報あれこれ

【資格】証券アナリストの攻略法~一次試験~

証券アナリストの1次試験。

攻略をざっくり記載します。

 

【必要勉強量】

3科目それぞれの勉強量は、バックグラウンドによります。

一般的には

経済

財務

証券分析

の順で勉強量が多くなります。

ただ理系であった私の場合、

証券分析はほとんど勉強せず

経済と財務をがっつり勉強しました。

それぞれ、2ヶ月勉強すれば余裕だと思います。

逆にそれで落ちそうなら、方法が間違ってるかもしれないので、勉強方を再確認しましょう。

 

【受験順】

一般的な順番は

春 財務と経済

秋 証券分析

だと思います。

 

理系の場合は

春 経済と証券分析

秋 財務

がおすすめです。

 

もちろん、1回で3科目受験しても問題ないです。

 

【各科目の特徴】

暗記量が多い順

財務

経済

証券分析

 

計算が多い順

証券分析

経済

財務

 

という感じです。

暗記が得意、計算が得意、バックグラウンド

によって、受験順を考えてもよいと思います。

 

【テキスト】

TAC選んでおけばよいです。

送られてくるテキストは完全無視でよいです。

 

ただ、数学苦手な人は

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887860382/hatena-blog-22/

で勉強しておきましょう。

 

【勉強法】

肝心の勉強方法です。

まずは、TACの参考書を流し読み。

ポイントは流し読みなのですが、集中力があるときにやること。

脳のパワーをかなり使います。

朝の脳が疲れていないときに行います。

脳をフル回転させて、素早く概要を把握していきます。

わかった気でもよいです。

その後に、すぐ過去問です。

過去問を1問ずつ解きます。

ポイントは、参考書を見つつ、内容を理解しながらじっくり解いて進めていきます。

過去問は、脳がある程度疲れてるときでも、大丈夫です。

人は、アウトプット作業ですと、脳の負荷がそんなにかからないのです。

インプットを疲れてるときに行うと、まず寝ますzzZ

これで大丈夫です。

一般的な資格勉強法と同じです。

1次試験は、TACテキスト以外のテクニカルな出題は基本ないので、しっかりやれば受かります。

 

 

結局、証券アナリスト独自の資格対策は

協会テキスト無視して、TACテキストのみを学習すること!

 

です。

ちなみに、合格点は60%くらいと言われています。

合格率も50%くらいです。

 

上記方法で、毎日1時間、各科目2ヶ月やれば受かります。

参考になれば。