スノーボード好き30代サラリーマンの駄文

冬はスノーボード、夏はそれ以外の情報あれこれ

【スノーボード】白馬47の攻略法 in Spring

 

f:id:arbitrager84:20180430190811j:plain

 

春に白馬47へきた場合の攻略法の紹介。

対象はまあまあスノーボード大好きな、サラリーマンボーダーのイメージで。

 

白馬47の開始は8時から。

朝一はルート1で足慣らしをします。

f:id:arbitrager84:20180430191032j:plain

春でも、朝一はピステンがかかっているので気持ちよいです。

ピステンかかっている間はエッジでカービングの練習。

雪がゆるみ始めてたら、面でカービングの練習。

もう少し荒れてきたら、ベンディングターンの練習。

飽きてきたら、ルート3でコブ練習。

 

をして、パーク開始の10時を待ちます。

 

f:id:arbitrager84:20180430191236j:plain

10時になったらパーク(写真の赤枠)へ移動。

f:id:arbitrager84:20180430191323j:plain

白馬47のパークで良いところは

適度な大きさ・形の

ハーフパイプ

キッカー(中級:6mクラス)

があること

 

f:id:arbitrager84:20180430191430j:plain

47のキッカーはアッパー系で飛びやすいです。

飛んで浮遊感を味わえる!

けど、リスクを冒すことなく飛ぶことができる!

 

キッカーを作成している

HYWOD

というチームの技術力がすごいんだと思います。

 

他のスキー場の6mクラスだと怖いというかたも

47のキッカーなら飛べます!

 

 

f:id:arbitrager84:20180430191540j:plain

ハーフパイプも良い形です。

リップ抜けできないけど、挑戦したい!という人にもちょうどよい形です。

 

上手い方はリップ抜けでエアーターンをきれいにこなしています。

ハーフパイプデビューするなら、47がおすすめです。

 

 

 

って感じで、春はだいたい1日中をパークで過ごします。

雪が柔らかいので、転んでも痛くないです。

体も温まっているので、動けます。

 

 

疲れたら、白馬の雄大な景色を見てぼっーとします。

f:id:arbitrager84:20180430191654j:plain

 

 

 

疲労で反応遅れて、怪我しないように14時にはあがります。

スキー場近く(車で10分くらい)のジェラート屋によって帰ります。

f:id:arbitrager84:20180430191807j:plain

ここは、真冬も混んでる人気店ですが、おいしいです。

47帰りにぜひ寄ってみてください。

 

 

以上、白馬47の攻略法 in Spring でした。