スノーボード好き30代サラリーマンの駄文

冬はスノーボード、夏はそれ以外の情報あれこれ

スノーボード初心者の裏技上達方法

スノーボード初心者の裏技上達方法を記します。

ここでは、技術的なことでなくもっと大枠の上達する裏技を3つお伝えします。

 

①ケツパットを装着すべし

最初は、板からゴーグル等の小物までレンタルでよいと思います。

ただ、ケツパット(ヒッププロテクター)はあったほうが絶対よいです!!

最初はこれでもかというくらい、お尻から転びます。

まず、お尻に青あざできます。

テンション下がります。

練習する気なくなります。

という負のスパイラルに入ります。

ケツパットがあると、お尻を痛めず、転ぶことを恐れず、練習できるので、上達が早くなります。

特に、女性は絶対着けていったほうがよいです。

初めてスノーボードにチャレンジするかたは、ケツパットだけは買っておくか、持ってる人に借りることをおすすめします。

 

②練習場所を選ぶべし

練習場所は大事です。

条件は

斜面が緩やかすぎすちょいと急であること

そして、もうひとつ大切なことは

横に広いこと

です

あと、雪が柔らかくて空いてればベターですが、自分でコントロールが難しいので、そこは気にしないようにします。

(天気図見て、平日パウダーの日を狙えば可能ですが、、)

 

最初はターンが大回りになると思うので、横に広いことが重要です。

よく、初心者コースと分類されてる細い林間コースで、苦戦してる方たちを見ます。

細くて、緩やかだとフラットでターン弧を少なくして滑る技術が必要なので、初心者はまず無理です。

横幅がある、適度に急な場所でひたすら練習しましょう。

 

おすすめは

白馬栂池の鐘のなる丘(みたいな名前)のゲレンデ

白馬五竜の一番下のゲレンデ

苗場の一番上のゲレンデ(帰りはゴンドラで下る)

かぐらのみつまたゲレンデ

あたりです。

最初は誘われることがきっかけとなる場合が多いと思うので、自分で場所を決められないと思いますが、上記場所は上級者も楽しめるスキー場なので、提案してみるのもありだと思います。

 

③春に練習すべし

初心者にとって、パウダーとか関係ないです。

極寒のなか、動きづらい服装で滑るのはただのストレスでやる気なくなります。

なので、

春に練習すればよいです。

スノーボードハマってくると、5月まで行くようになります。

3月半ば過ぎると、スキー場はガチ勢しかいなくなります。

ですが、春スノーボードこそ初心者におすすめです。

寒くない、天気がよい、雪が柔らかいので転んでも痛くない

練習に最適です。

ハイシーズンにデビューする方がほとんどだと思いますが、春のほうが練習環境が整っています。

春に練習してある程度滑れるようになってから、来シーズンの真冬に滑るのがおすすめです。

 

技術的な観点ももちろん大事です。

さらに、上記ポイントを押さえればすぐ上達すると思います。

参考になればなと。

スノーボードでパウダーを滑る練習方法

パウダー(新雪)をスノーボードで滑ると気持ちよい。

でも、転んでしまうと抜け出すまで地獄。

どのように、練習していけばよいのか。

自分の体験談を記します。

 

STEP1 

<コース端っこの新雪を滑ってみる>

コースの端っこにある圧雪されてない新雪

通称「端パウ」

で練習します。

コース内から端パウゾーンに行き、危険を感じたらコースに戻る

これを繰り返して、できるだけ端っこのの奥深くまで滑れるようにします。

滑るときの基本マインドは後ろ足荷重。

技術レベルが上がると前足も大事になってきますが、まずは後ろ足に全体重を乗っけるイメージで

なので、後ろ足(レギュラーなら右足)がめっちゃ疲れます。

慣れてくると、そこまで荷重しなくても滑れるようになってきます。

かぐらのゴンドラコースのコース脇とかが練習場所イメージです

 

STEP2

<急斜面のパウダーを滑る>

パウダーの醍醐味です!

降雪後の非圧雪急斜面は、パウダージャンキーであふれかえります。

最初は怖いと思いますが、機会があればぜひトライしましょう。

転んでも、急斜面なので埋もれる心配がそんなにないです。

普段のノリでターンができないので、焦って木葉で止まろうとすると上手くいきません。

新雪がストッパーになり、そんなにスピード出ないのであせらず板を横にしないで滑ります。

後ろ足を操舵のようにして、滑るイメージだとよいと思います。

 

STEP 3

<ツリーラン>

最近増えてきます。

パウダーの浮遊感とツリーの間を滑るスリルと爽快感が味わえます。

まず、ツリーラン自体を練習します。

ポイントはゆっくり滑ること。

自分のコントロールできる範囲で滑って、スピードレンジを上げていくとよいと思います。

後ろ足で強制的に曲がるイメージでもよいかもです。

怪我の危険性が高いので、確実に滑ることが大事です。

特に、フロントサイドターン時にコントロールできなくて、木に衝突する場合が多いと思うので、フロントサイドは全力で爪先に力かけて曲がります。

あと、大事なことは視野。

視野とか目線は滑りの基本と言われてますが、特にツリーランでは非常に大事になります。

顔を上げて、遠くまで見て、実力にあったルートを選び滑ることが重要です。

パウダー自体の滑りは上記と同じです。

斑尾、夏油と本州のスキー場を初め

北海道のニセコなど

ツリーランゾーンがどんどん増えています

ぜひ、行ってみてください

 

STEP4

<バックカントリー>

パウダー好きならここに行き着きます。

ある程度慣れてきたら、ツアー等に参加してみましょう。

スノーシュ履いて、普段滑ってるスキー場のさらに先まで行くのもなかなか面白いです。

 

パウダーは天候次第でなかなか出会えませんが、一度はまると病みつきになります。

そして、パウダージャンキーと化します。

まだ、その魅力を感じたことがなければ、ぜひチャレンジしてみてください。

 

GALA湯沢のスノーハック(お役立ち情報)

GALA湯沢のちょっとした役に立つ情報のご紹介。

 

①土日は始発新幹線でリフト開始前に間に合う

東京駅発 6:24

に乗れば

ガーラ湯沢着 7:41

なので、急いで着替えれればゴンドラ開始8時に間に合うのです。

ファーストトラック狙いのために車でスキー場行くこともあると思いますが、ガーラ湯沢ならば新幹線でも間に合うのです

 

②6号車がガーラ湯沢の階段に近い

ガーラ湯沢のポイントは新幹線下りて、いかに早く受付へ並ぶこと

外国の受付の方も多く、並ぶと30分以上ロスします。

6号車が階段付近であり、電車下りてダッシュします

その際に、エスカレーターは使わず階段ダッシュがおすすめです。

ここを頑張るか頑張らないかで相当時間が変わります。

 

③レストランチアーズは2Fが空いている

ゴンドラから上がったとろこにあるチアーズは混んでいます。

お昼時になると全然空いていないです。

ただ、なぜか2Fが空いていることが多いです。

(知らない人が多い?)

混んでいる場合は2Fに行くことをおすすめします。

 

④リフトはソーシャブルのほうがパルーシュより早い

メインのエンターテイメントを滑るならどちらのリフトを使用してもよいです。

ですが、パルーシュは徒歩の観光客も乗車できます。

そして、乗車するときはスピードが落ちます。

観光客が多いと基本遅いです。

北エリアに行くとき以外は、ソーシャブルをおすすめします。

 

⑤ロッカー券は受付でも買える

ロッカー券は受付でも買えます。

ロッカーの発見機でも待つことがあるので、受付で購入したほう数分早いです。

ファーストトラック狙いのガチ勢のみの参考情報ですが。。

 

⑥北エリアと南エリアは空いている

GALA湯沢は混んでいると言う方が結構います。

しかし、北エリアと南エリアは基本空いています。

初心者が多く移動がめんどからなのかと思っています。

朝一は中央エリア、そして北⇒南と移動すればストレスフリーで滑れます。

 

⑦パウダー競争率が低い

パウダージャンキーはかぐらに行き、初心者が多いスキー場なのでパウダー残存率が高いです。

端パウが結構残っています。

ゴンドラで上がる系スキー場なので、標高が高く雪質も良いです。

特に、降雪時の南エリアはパウダーを満喫できます。

 

以上、GALAのプチお役立ち情報でした。

 

完走ぎりぎりランナーの第13回湘南国際マラソン体験記 2018年12月2日

f:id:arbitrager84:20190105211245j:plain

 湘南国際マラソンの体験記です。

地元湘南の大会。

今回で3回目の出場です。

目指すは完走!

タイムは気にせず頑張ります。

次の日会社休めなかったので無理できないので。。。

 

地元なので当日の電車移動。

6:23分に大磯着。

これくらいの時間だと、バスも並ばずちょうどよいです。

大磯ロングビーチに着いたら、室内ゾーンへ行き、場所を確保。

外は寒いので中でぬくぬくだらだら過ごします。

8時30分くらいになったら移動。

9時の直前でトイレに行きます。

出発が後ろのほうだと、スタート地点まで号砲から20分くらいかかります。

このタイミングでのトイレがベストだと思います。

 

そして列へ並びます。

f:id:arbitrager84:20190105211217j:plain

 

 スタート地点までが長いです。

その間に体が冷えるので100円ショップのあまがっぱがおすすめ。

やっとスタート地点へ。

f:id:arbitrager84:20190105211025j:plain

 いつもいる千葉さんがいない、、

と思いきや少し走ったところにいました。

f:id:arbitrager84:20190105210956j:plain

 あらぽんもいました。

みやぞんが走っているみたいので、どこかで会えるのかなと期待。

 

さて、マラソンスタートです。

最初は渋滞。

f:id:arbitrager84:20190105210918j:plain

あせらずマイペースに進みます。

ここで、追い越しとかするとあとでバテます。

キロ7分30秒くらいをキープしつつ10km地点へ。

f:id:arbitrager84:20190105210826j:plain

順調。

むしろ、この時点で辛かったら完走萎えると思います。

キロ7分~7分30秒を守りながら確実に走ります。

景色を見つつのんびり走ります。

f:id:arbitrager84:20190105210752j:plain

地元なので江の島とか見飽きていますが、、

対向車線に回収車が走っています。

f:id:arbitrager84:20190105210724j:plain

完走ぎりぎりランナーは、関門とのスリルが味わえるという楽しみ方もあります。

周りのペースに惑わされず、当初決めた関門閉鎖時刻をクリアできるペースを意識して走ります。

そして、ハーフを突破。

f:id:arbitrager84:20190105210652j:plain

いつも、ここまでは余裕じゃん。フルマラソン余裕じゃん。

と思います。

が、

あと5kmくらいで急に疲労を感じ始めます。

なので、ペースを抑えようとペースメーカーをトレースします。

f:id:arbitrager84:20190105210528j:plain

SUB6:00なのでのんびり走っています。

でも、人間の性。

抑えきれずペースを上げてしまいました。。

まあ、もともと速いペースではないのですが。

去年大失速した湘南大橋は、坂を覚悟していたので

なんとか乗り切ります。

ラソンはここは辛いぞという事前情報を仕入れておくと

かなり効果的です。

そして、なんとか30kmへ。

f:id:arbitrager84:20190105210424j:plain

ここからがマラソンとよくいいます。

特に5時間以上ランナーですと、地獄絵図です。

ゾンビ歩きが出てきます。

道端で倒れている人出てきます。

ストレッチしている人も増えていきます。

ぎりぎりです。

でも、このぎりぎりのなかでゴールを目指すというのが楽しいです。

自分に制約を課して頑張っている人もいます。

f:id:arbitrager84:20190105210336j:plain

1本下駄です。

歩くだけで難しそうなのに凄し。

 

辛いなーと思いならがら走っていると

歓声が。

横を見るとみやぞんがいました!

f:id:arbitrager84:20190105210306j:plain

脚を引きずっていました。

みやぞんには勝ちたいと思い、ペースをわずかに上げ追い抜いてみました。

謎のライバル心。

実は年齢が近いっぽいし。

そんなこんなで西湘バイパスへ戻ってきました。

f:id:arbitrager84:20190105210151j:plain

この坂が辛いです。

フルマラソン後半の坂は拷問です。

昔は坂でも走っていましたが、最近は歩きます。

無理せず完走が一番。

坂を突破し、ついに大磯ロングビーチが見えてきます。

f:id:arbitrager84:20190105210126j:plain

が通りすぎます。

湘南国際マラソン最大の難所。

ゴールを素通りして5km以上走る。。。

覚悟をしていても心が折れます。

遠くに折り返しの風船が見えます。

f:id:arbitrager84:20190105210102j:plain

写真だとわかりづらいほど、遠くです。

心を無にして走ります。

気付くと目の前に

f:id:arbitrager84:20190105210013j:plain

ここまでくるとあと少し。

最後の力を振り絞り走ります。

ゴール直前の超急斜面も走ります。

無理すると足がつりそうになります。

そして、ゴールが。

f:id:arbitrager84:20190105205939j:plain

ここからみんな猛ダッシュしていきます。

意外と体力って残っているものなのだと思います。

そして、ゴール!

f:id:arbitrager84:20190105205835j:plain

5時間30分くらいでした。

無事完走!!

年々遅くなってますが、後遺症は少なくなっていると思います。

 

湘南国際マラソンは走りやすい、体制がしっかりしている、大人数でお祭り感がある

のでおすすめです。

時期的にめちゃくちゃ寒いわけでないので、気候的にもよいと思います。

来年もぜひ走りたいと思っています。

走ったことない方はおすすめの大会なのでぜひ!

 

以上、第13回湘南国際マラソンの体験記でした。

【フルマラソン体験記】ちばアクアラインマラソン2018~5時間初心者ランナーの攻略法~

ちばアクアラインマラソン2018の体験記です。

私の実力は最高4時間40分

最近は5時間15分くらいのペースで完走しています。

練習は大会3か月前から初めて

3か月前50km

2か月前80km

1か月前80km

です。

 

目標は楽しみつつ関門に引っかからず完走すること。

アクアラインラソンを考えている方

完走ペースを目指している方

の参考になればなと。

 

0.レース準備

まず、レース準備について。

普段練習をそんなにしていない

完走ぎりぎりランナーにとって大切なのは装備。

練習不足をお金で解決します。

 

まずはシューズ。

大事なことは膝を痛めないこと。

使用したのは

 ミズノのwave Rider22

 もともとアシックスのGT-2000 NEWYORKを使用してましたが

こちらのほうがクッションが効いている気がしました。

使用してみると反発力があって、前にどんどん進んでいく感じします。

 

次に大事なのはタイツ。

これはCW-Xの一択ではないかと思っております。

膝の負担が本当に軽減されます。 

 5時間ランナーならばマストアイテムです!

 

あとは栄養補給。

完走ぎりぎりの人たちほど栄養補給が重要です。

なぜなら

長時間走る

エイドの食事売り切れリスクがある

からです。

 今回私はこれでもかというくらい栄養補給をしたら

かなり余裕で走りきることができました。

おすすめ栄養補給を飲む順番ごとに紹介します。

レース40分前にVESPAとアミノバイタルを飲みます。

VESPA SPORTS(ヴェスパスポーツ) VESPA PRO 80ml(5本)

VESPA SPORTS(ヴェスパスポーツ) VESPA PRO 80ml(5本)

 
アミノバイタル パーフェクトエネルギー 130g×6個

アミノバイタル パーフェクトエネルギー 130g×6個

 

 レース1時間前と、15km、25km、35km、完走後に

メダリスト5000を摂取しました。

顆粒状なので、走りながら飲むときは慣れないと難しいです。

飲む練習しておくことをおすすめします。

メダリスト アミノダイレクト 7g*5H

メダリスト アミノダイレクト 7g*5H

 

エナジージェルを3種類飲みました。

10km、20km、30km地点で補給です。

摂取したのは定番のメダリスト、shots、Powergelです。

 有名所のジェルでは味は一番飲みやすいです。

ただ、中身を全部出し切るのが少々めんどくさいです。 

PowerGel 梅フレーバー 12本入り PG5P

PowerGel 梅フレーバー 12本入り PG5P

 

 shotsとPowerGelは甘党の自分にとっては味が全く問題なかったです。

スタバのフラペチーノでホイップ多めができる方なら問題ないと思います。

 

1.スタート前まで

開催日10月21日。

ラソンシーズンの幕開けの時期。

天気は快晴。最高は24度の気温は高め。

最寄り駅は木更津駅

神奈川からは横浜や川崎から後続バスを使ってアクアラインを通ると早いです。

バスの乗車時間は一時間くらいです。

駅からは会場までは20分以上かかります。

股関節動かすことを意識して歩きます。

 

 f:id:arbitrager84:20181022161134j:plain

 

まずは荷物預け場所へ。

向かう途中にゴールを発見。

6時間後に無事たどり着けることを心に描きます。

f:id:arbitrager84:20181022161135j:plain

 

荷物預け場所からスタート地点までまた15分くらいかかります。

8時45分くらいに預け終わっていれば余裕だと思います。

ちなみに、トイレはスタート地点のほうがたくさんあります。

 

スタート近くに大きなのんびり広場があります。

仮想の人たち集まってます。

給水もあります。

トイレはEブロック近くの場所より

こちら広場の方が断然空いてます。f:id:arbitrager84:20181022161137j:plain

 

Eブロック近くのトイレは激混みでした。

20分くらい並び、私はおトイレ中に号砲。。

タイムラグ10分程度あるのでスタートは大丈夫でした。f:id:arbitrager84:20181022161138j:plain

 

 

2.スタート ~ アクアライン

スタートです。振り返るとほとんど人がいなかったです。

ほぼ最後尾でしたが、それでもスタートまで10分ちょいのロスでした。

最初の道が広い(4車線)ので、スタートロスが短いです。

f:id:arbitrager84:20181022161139j:plain

 

スタートです!

千葉さんが応援してくれます。

あの方、いつまでもかわいいですよね。

元気をもらいます!

f:id:arbitrager84:20181022161140j:plain

 

最初は大渋滞です。

下記青色で囲っている箇所が

渋滞するボトルネック箇所(狭くなりかつ曲がり角)です。

f:id:arbitrager84:20181022165221p:plain

ここまでは本当に大渋滞です。

はじめは追い越しをせずに流れに乗っていると

キロ7分後半~8分台。

3キロあたりからキロ7分30秒くらいで走れます。

完走ランナーの私にとっては心地よいペースでした。

前半をいかに温存するかがポイントなので

ここはあせらずじっくり進みました。

ちなみに5時間申告で一番後ろのFブロックだったので

もっと早いペースでいきたい方は早めのタイムを申告して

DとかEブロックを狙うとよいと思います。

 

アクアラインラソンは最初から

応援がめちゃめちゃ豪華!

子供たちも多くてハイタッチ祭り!!

いやーもう楽しい!!!

f:id:arbitrager84:20181022161141j:plain

 

 

そしてそして

アクアライン楽しいなー

とテンション上げつつ

のんびりペースで気付けば9キロ。

アクアラインに入ります。

f:id:arbitrager84:20181022161142j:plain

 

アクアラインに近づいていきます。

f:id:arbitrager84:20181022161144j:plain

f:id:arbitrager84:20181022161143j:plain

 

3.アクアライン

そしてゲートくぐりアクアラインへ!!

爽快!

天気もよし!

風が気持ちよし!

富士山もきれい!

最高です!!

f:id:arbitrager84:20181022161145j:plain

 

 

写真とっている方も多いです。

f:id:arbitrager84:20181022161146j:plain

 

海ほたるが近づいてきます。

車だと後3kmの標識はもうすぐだから車線変更しないとなー

と感じますが人間の足だとまだまだ先です。

アクアライン上は給水はないですが、仮設トイレはあります。

f:id:arbitrager84:20181022161147j:plain

 

アクアラインラソンは何か所か坂があります。

最初の坂は海ほたる前の坂。

まあまあの傾斜ですが、まだ序盤なので問題なし。

 

f:id:arbitrager84:20181022161148j:plain

f:id:arbitrager84:20181022161149j:plain

 

坂を超えれば海ほたるです。

f:id:arbitrager84:20181022161150j:plain

f:id:arbitrager84:20181022161151j:plain

 

海ほたるでは豪華えいど!

のはずかほぼ売り切れ><

のんびり走り過ぎました。。

ここは完走ランナーのデメリットですね。

びわゼリー食べたかったです。。

 

そして気付けば5時間50分ペーサーと一緒。

ということは関門ギリギリペース。

関門通るときは10分のバッファでした。

f:id:arbitrager84:20181022161153j:plain

 

f:id:arbitrager84:20181022161152j:plain

 

f:id:arbitrager84:20181022161154j:plain

 

 

体力も脚もまだ残っているので

まあ大丈夫だと思いましたがペースを少し上げました。

関門収容バスも見えたので、これには乗らないぞと決意も固めました。

f:id:arbitrager84:20181022161155j:plain

 

アクアラインの折り返しも本当に気持ちよかったです。

 

f:id:arbitrager84:20181022161156j:plain

 

基本下り坂。

爽快。

ペースが自然と上がります。

キロ6分台。

みんなペースが上がっていました。

f:id:arbitrager84:20181022161157j:plain

f:id:arbitrager84:20181022161158j:plain

f:id:arbitrager84:20181022161159j:plain

 

f:id:arbitrager84:20181022161200j:plain

 

メッセージ。

逆光で見にくいですが

アクアの風になろう?

的なことが書かれていました。

f:id:arbitrager84:20181022161201j:plain

 

そしてアクアラインの終わり。

このあと、歩きが多数発生。

ストレッチしてる人も多数発生。

アクアラインでハイペースになり満足した人続出。

ハーフの出場者は特に満足してアクアライン以降歩いていたと思います。

 

f:id:arbitrager84:20181022161202j:plain

 

4.アクアライン以降

そしてハーフのランナーとお別れ。

うらやま。

アクアラインラソンでは

ハーフがよいかフルがよいか問題があります。

アクアラインを満喫するだけなら

ハーフでよいという意見もありますが。

フルマラソンをおすすめします!

このあとにいろいろと困難と楽しみが待ち受けているのです。

f:id:arbitrager84:20181022161203j:plain

 

中間点です。

まだ余力あります。

 

f:id:arbitrager84:20181022161204j:plain

 

ハーフが終わったあとはなかなか辛い道のりが続きます。

下記の緑色で囲っている箇所です。

f:id:arbitrager84:20181022165221p:plain

 

 

25キロ地点。

日があたってきます。

急に田舎道。

アクアラインの調子乗りハイペース&

今までたくさんいた応援が急にいなくなります。

テンションが急激に下がります。

デスロード。。

道端で倒れている人が現れてきました。

f:id:arbitrager84:20181022161205j:plain

 

30キロ地点。

ゾンビが増えてきました。

心を無にするゾーン。

まあ、つくばはほとんどこんな感じだった気がします。

 

f:id:arbitrager84:20181022161206j:plain

 

地図のトライ坂③がこちら。

まあまあの人が歩いています。

始めから覚悟しておけば辛さは軽減します。

 

f:id:arbitrager84:20181022161207j:plain

 

 

この坂が終わると

おもてなしエイドへ!

ペースが遅くてもエイドは充実!!

食べるのに集中してしまい写真とれず。。

食べ過ぎ注意です。

 

冷凍ブルーベリーがおいしいです!

アクアラインのよいところは苦しい後半にエイドがたくさん。

後半はエイドを目標にしていれば気付けばゴールします。

 

トライ坂④の二段坂も終わり

これで坂が終わりかと思いきや

最後の最後に裏ボスがいました。

 

40km地点 かき地図の紫色の箇所の坂です。

想定していない坂だったので心折れそうになりました。

 

f:id:arbitrager84:20181022165221p:plain

 

みんなゾンビです。

短い坂なので歩きました。

f:id:arbitrager84:20181022161208j:plain

 

そして、ラストスパート!

密かにライバルとしている鉛筆くんを抜かすこと目指す。

この方、湘南国際マラソンでも見かけたような気がします。

f:id:arbitrager84:20181022161209j:plain

f:id:arbitrager84:20181022161210j:plain

 

 

そして無事ゴールしました。

ネットで5時間17分。

最近ほとんどこのタイムですね。

後半はエイドでのんびりし、

キロ6分台で走り

またのんびりし

とかなり余裕を持って走れた気がするので
今回は上々だったような気がします。

何より、アクアラインラソンを満喫して走れたのがよかったです!!

 

アクアラインラソンまた出場してみたいです。

満足度が高い大会でした。

倍率も2倍弱なので申し込めば当たります。

出場を考えている方は本当におすすめの大会です!

 

初心者ランナーの湘南国際マラソンのペース配分

初心者ランナーとして過去2回湘南国際マラソンを走った経験をもとに、おすすめペース配分を記してみます。

 

目標タイムは5時間30分(ネットタイム)です。

ネットタイムはスタートからゴールまでの純粋に走った時間。

グロスタイムは号砲鳴ってからの時間。

ちなみに、湘南国際は後ろのブロックで号砲からスタートまで約20分かかります。

 

まず、単純計算すると 

キロ7分30秒×42.195=5時間16分

給水、トイレロスを考えるとキロ7分30秒が目安となります。

では、コースの特徴を踏まえておすすめペースを提案します。

 

スタート ~ 第1関門 茅ヶ崎公園(10.8km)

混んでおります。

わざわざ人を追い抜いてまで体力を消耗しなくてもよいと思います。

後ろのほうのブロックでキロ7分~7分30秒が集団ペースになります。

ペースは7分15秒~7分30秒を意識して走ります。

雰囲気と高揚感からペースが速くなりがちなので、意識して速度を落とします。

体力を温存しましょう。

やや下りのポイントが何ヵ所かあるので、その場合は7分前半まではペースが上がってもよいと思います。

 

~第3関門(19.2kn)

身体が暖まってきます。

7分~7分15秒を意識して走りましょう。

ハーフまで走って、まだまだ全然行ける!

と思えるくらいのペースが理想です。

ちなみに、江ノ島の折り返し地点は全然ハーフでないので、予め心構えがあるとよいです。

 

~第5関門(28.3km)

7分15秒~7分30秒で走ります。

このペースが早いと感じたら速度を落とします。

このあと、しんどいポイントが多くなってくるので脚を温存します。

ちなみに、この区間からトイレが空いてきます。

 

~ゴール

ここからは7分30秒をできるだけ保つことを意識します。

ただ、以下の2つの場所は無理せず歩いてもよいです。

相模川を渡る橋の上り

西湘バイパスの上り

初めからここは歩くと決めておくと心折れずにいけます。

実際、5時間ランナーはかなりの人が歩いています。

あと、ゴールを素通りしての最後の往復が心折れます。大磯ロングビーチを過ぎてから、なんだかんだ7kmあります。

西湘バイパス上なので応援の人も少ないです。

覚悟しておきましょう。

そして、最後の最後の難所がゴール直前の坂です。

物凄く急です。

脚がつらないように気を付けましょう。

 

以上のペース配分でいくと、結果として5時間~5時間30分になると思います。

初めてのフルマラソン、初めての湘南国際マラソンの方は参考にしてみてください。

 

【フルマラソン】初心者のランナーズニー対策

ランナーを悩ます膝の痛み

ランナーズニー

正式名称は腸脛靭帯炎

 

対策について考察してみます。

原因は膝自体ではなく、

太もも横の筋肉やお尻の筋肉

股関節の柔軟性

とか言われます。

原因の詳細は専門家の情報を参照していただいて、ランナーがどのような意識を持つことが大事かを記します。

ランナー前提はフルマラソン完走を目指すレベルです。

 

基本マインドは常にランナーズニーにならないように意識すること!

です。

ランニング前は膝の調子を確認

ランニング中は膝の違和感があれば即座に歩く

ランニング後は膝を冷やす

以上を徹底します。

当たり前のことですが、できていないのでランナーズニーになるのだと思います。

練習量は上記を逆算して行います。

 

道具も大事です。

膝に負担のかからないシューズ。

負担軽減のタイツ。

必須アイテムです。

 

フォームも大事です。

普段の練習から、どんなフォームが負担が少ないか、試行錯誤しましょう。

まず、考えることが大事です。

 

フルマラソンは膝などの関節痛さえ起きなければ、完走できます。

膝のケアについて考え続けること。

これが何よりも大事だと思います。

そうすれば、必然とストレッチノウハウ等も調べると思います。

整体通いもありです。

 

ノウハウ的な話は特に記載してませんが、膝ケアの重要さが伝われば幸いです。